電脳玩具堂徒然雑記/現界生存記録

雪国某所で工場で働きながら個人でゲームを制作している 電脳玩具職人そーごのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイバック最近

*注)今回の日記はあまりに現実世界の詳細に触れるため
    あえてファンタジー世界の設定に置き換えて書き込んでいます。ご理解ください。

五年前から約四年、国境でモンスター達の侵攻を食い止めてきた。
ゴブリン・オーク・リザードマン。いつも血みどろの戦闘。
最初はひどいものだったけど、それなりに戦い方に自信もついてきた
山岳地での戦闘なら私が指揮すればがんばれるという自負もあるようになった。

去年、この最前線から親衛隊への転属が決まった。命の心配はなくなる。
だが、代わりに与えられた仕事は儀礼的行事への参加と、王子達のワガママでやるような
討伐戦の随行とその後始末。隊長は無能なのに国王陛下への点数稼ぎにご熱心。
まぁ、楽だから良いんだけどさ…

先日、祖父の知り合いの人から縁談の話しがあった。
会ってみたが、どうも合わないようだ、それだけならまだいいのだが
社交のいろはも知らないらしく、実際は私が振られたのに
「私から振る」形で、この縁談を終わらせるしかなくなった。
世話をしてくれた方には申し訳ない…

で、昨日、雇っていたメイドから話しがあると告げられた。
家の事情で、暇をもらいたいらしい。
世話になっていたので、とても残念だ。

国王陛下が再来週に戻られるまで、新たな指示はない。
親衛隊としてもやることがなく、ただ槍を振っていた。
夕方まで、ずっと槍を振って、いやなことを忘れようとしていたが
切れ目に思い出すんだ…

そんな状態で連休に突入である。
心中察してほしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://toymakers0g0.blog37.fc2.com/tb.php/306-2fe6d2db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。